体調が悪くてもなぜか病院には行ける。生存本能のなせる業か

スポンサーリンク

うつ病で体調が悪い時も、なぜか病院には行けることが多いです。

なぜだか理由はよくわからないのですが、人間には緊急時用に予備エネルギーでも備わっているのでしょうか。

もしかすると、病院にいって薬をもらわないとやばいということを本能的に察知しており、そのため体が動くようになるのかもしれません。

ただしそうはいってもどうしてもいけないときはいけません。

そのような場合には、薬の宅配サービスが欲しいと心から思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする